ABOUT



ハンドスタンプアートプロジェクトは病気や障がいを抱える子どもたちと2013年に発足したこのプロジェクトは、2017年1月時点で1万枚以上のハンドスタンプを集めてきました。

これまで参加いただいたみなさん、そしてこれからハンドスタンプの仲間になっていただけるみなさま。
その一人ひとり、一枚一枚のハンドスタンプには込められた想いがあります。

病院のベッドにいても、遠く離れた国にお住まいでも
子どもたちみんなが誰でも参加できる「ハンドスタンプ」。
もちろん手でなくても、足でもお尻でも、ほっぺでもかまいません。
ハンドスタンプの数だけ、ご家族の愛があり、一生懸命生きている子どもたちがいます。
一人でもたくさんの人が繋がり、笑顔の輪が大きくなり…
そして最後には世界一おおきな絵となって、
みんなの夢と一緒に2020年の東京パラリンピックに掲げることを目指しています。


■ミッション:モザイクアートを作り東京パラリンピックで掲載・ギネス記録への登録
■参加条件:障がいを抱える子どもたちとプロジェクトを応援する皆様
■目的:
1 障がい児のためのシェアハウスを作る
・医療費に頼らないことでリハビリを毎日行えるようにする。
2 みんなが繋がるコミュニティ作り
・同じ病気や障がい、症状のお子さんやそのご家族を繋ぐお手伝い。
3 誰もが住みやすい環境作りの提案
・地域格差なく日本全国どこにいても情報が引き出せ、同じような治療の選択ができるような環境作り。


スタンプの目標枚数

2018年までに10万枚のハンドスタンプを集めることを目標にしています。

素朴なギモン QA

事務局メンバー

  

世界に広がるハンドスタンプ

  
  

お金の流れ